羽毛布団をクリーニングするときの注意点

冬に大活躍する羽毛布団は、軽くて温かいということから人気の寝具となっていますが、きちんとメンテナンスを行わないと寿命を縮めてしまうことになりますから注意しましょう。

最近は低価格な羽毛布団も販売されていますが、ボリュームがなくなったり羽が飛び出してきた。
側生地が汚れてきたという場合には買い換えるという人も少なくないかもしれませんが、中に使用されている羽毛が高級なものであれば安価なものを買い換えるよりもクリーニングをして復活させた方が経済的です。
羽毛布団をクリーニングに出すタイミングとしては、ボリュームがなくなったり以前よりも膨らまなくなった。側生地が汚れてきた。


以前よりも温かく感じられなくなったという状態になった時がクリーニングが必要な時期といえます。
一般的に購入してから3〜5年に1回程度、メンテナンスを行うことで長く羽毛布団を使い続けることができます。

羽毛布団のクリーニングに関する最新情報はこちらです。

定期的に天日干しをしカバーもかけて洗濯しているという場合でも、中の羽毛は皮脂や汗などを吸って汚れが付着していますし、ダニやノミが発生している可能性も高くなります。
また毎日の使用で羽毛のボリュームもなくなってきていますからクリーニングに出して清潔に保つことが清潔に保つためには重要です。



ただ気をつけないといけないことは、訪問販売による羽毛布団の点検やクリーニングなどがありますが、こういった業者は法外な料金を請求する悪徳業者の場合が多く、トラブルも多いので信頼できる業者を選ぶことが大切です。