羽毛布団をクリーニングするタイミング

しばらく洗っていない羽毛布団は、カバーを洗濯したり天日干しをしても羽毛に付着した汚れは落とすことができません。

羽毛布団のクリーニング全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

一見きれいに見える羽毛布団でも、中の羽毛は毎日少しずつ汚れてしまいますから、定期的にクリーニングを行うことが大切です。

一口にクリーニングといっても、布団を解体して中の羽毛を取り出し洗浄・乾燥させる場合もあれば、丸洗いをするだけというところもありますから事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。



羽毛布団を清潔に保とうと思って頻繁にクリーニングに出せば良いのかというとそういうわけではなく、クリーニングでは汚れを落とすだけではなく側生地や羽毛を傷める原因にもなってしい寿命を縮めてしまうことにつながります。

そのため3〜5年に1回程度の間隔で行うようにしましょう。


メンテナンスをする目安としては、日干しをしてもなかなかボリュームが回復しなくなったり以前ほど温かくなくなった。


臭いが気になるようになった。

側生地の汚れが目立つようになったということがあげられます。


高級な羽毛布団に使用されている羽毛は、現在ではあまりとれなくなり値段も高騰しています。



そのため新しいものを購入するよりもきちんとメンテナンスを行う方が経済的ですし、長く使用することができます。

ただすべてのクリーニング店が羽毛布団の豊富な知識を持っているわけではありませんから、長く大切に使いたいと思うのであれば専門知識が豊富な業者に出すようにしましょう。